日払いとは?

日雇いと日払いの違い

日雇いと日払いの違い
「日雇い」とは、1日ごとに雇われる雇用形態のことです。
何か月、何年など長期的な働き方ではなく、仕事のある一日だけ雇われて働く短期的なお仕事をさします。メリットとしては、自分の好きな日程や時間に働くことができたり、短期的であるためいろいろなお仕事を経験をできたり、その日のうちに給与が手に入ることなどがあげられます。また、その日のみのお仕事なので、当然難しい仕事をまかされることなく、比較的簡単かつ単純なお仕事が多いようです。趣味や学業など自身の時間を大切にされたい方にはおすすめです。
「日払い」とは、働き方のことではなく、給与の支払い方法です。
給与計算をする上での締め日が1日単位である給与システムのことをさします。一般的には、その日の労働の対価が翌営業日に支払われる給与システムを「日払い」といい、たとえば平日が営業日の会社であれば、月曜日に働いた対価を翌営業日の火曜日に受け取ることができます。 「日払い=かならず当日中に給料がもらえる」というシステムではありません。当日給与が支払われる給与は「即日払い」などと表記されることが多いようです。

日払い派遣の就業システム

日払い派遣の就業システム

日払い派遣スタッフとして働く場合、一般的な派遣スタッフと同じく「派遣会社」「派遣先企業」の二者が関わってきます。日払い派遣スタッフが受けることができる保証は、一般的な派遣スタッフと変わりはありません。日払いのアルバイトと同じように翌営業日に給与が支給されるだけでなく、アルバイトにはない社会保険なども受けることができるのです。より良い条件で充実した仕事を望むのであれば、日払い派遣を選択肢に入れるのもよいでしょう。

日払いのメリット

日払いメリット
未経験でも安心して始められる!
日払いのお仕事は、比較的単純な作業が多く未経験でも戸惑うことなく安心して始められます。
プライベートも充実させられる!
日払いのシステムなら、働くタイミングを自身で調整できたり、働いたぶんのお金をすぐに受け取ることができるので、冠婚葬祭やイベントなど、急な支出があっても安心です。

日払い派遣のメリット

日払いメリット

日払いのお仕事は、派遣にもアルバイトにもありますが、派遣で働く場合にどんなメリットがあるのかご紹介します。

日払いでも雇用保険を適用可能!
給与の支払い形態が「日払い」であっても、一定の条件を満たせば雇用保険に加入していただけます。
次のお仕事の紹介がある
派遣で働いた場合、お仕事が期間満了した時でも。案件の有無や仕事内容、条件が見合えば次のお仕事を紹介してもらうことができます。アルバイトのように仕事探しから面接、その後の諸々の手続きなどの手間も省け、自分で仕事探しをしなくてもよいという事と求職から就業までスムーズに進められる大きなメリットがあります。
直接雇用のチャンスもある
「紹介予定派遣」という、直接雇用を前提とした派遣制度を利用して数ヶ月の派遣就業の後、就業者と企業の双方に同意があれば直接雇用への切り替えも可能です。直接雇用・正社員を志望される方は利用を検討されると良いでしょう。
© 2019 Will Agency All Rights Reserved.